30歳以上の8割が歯周病!? 「歯周病の原因」と「歯垢をとる正しい歯磨き法」

スポンサーリンク

2013年10月17日(木)
はなまるマーケット「本日の特集」

美と健康をフルチャージ!
B-マニュアル

 
『30歳以上の8割が歯周病!
今日からすぐできる “歯周病ケア”』


 
口のトラブル
1)口の中がネバネバする
2)歯を磨くと歯ぐきから出血する
3)歯ぐきが腫れる
4)食べ物が歯と歯の間に挟まりやすい
5)歯ぐきがやせて歯の根元が出ている

1つでも当てはまると、歯周病…???

 
歯周病検査は…
ポケット探針を使い、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の深さを測る

痛みはなく、数分で終わるそうです

 
歯周ポケットの状態の目安
3mm以下:軽度
4~6mm:中度
7mm以上 重度

 
歯周病の原因「歯垢」
磨き残しの “プラーク” と呼ばれるもの、だそうです

 
歯垢(プラーク)
・複数の細菌のかたまり
・1mg中の細菌数は、約10億個

細菌が炎症を起こすと歯茎が腫れて、さらに進行すると歯を支える骨が溶けて歯茎がやせて、歯が抜けて落ちてしまう…
これが、歯周病!

その細菌は、気になる口臭の原因にも…!

ちなみに…
歯垢が石灰化して、カチカチになったものが “歯石”

 
 
今年
「歯周病がアルツハイマー病を悪化させる」
という事が分かったそうです

「歯周病を予防・治療することで、アルツハイマー病の発症を遅らせたり、進行を緩和することが期待できる」と

 
アルツハイマーだけでなく…

歯周病が影響する全身疾患
脳梗塞、誤えん性肺炎、心筋梗塞、糖尿病も…!

 
そこで…!

今日からできる歯周病ケア
歯垢をとる正しい歯磨きを教わります!

 
国立大学法人 東京医科歯科大学(TMDU) 歯周病学分野 助教
水谷幸嗣 歯科医師より

 
正しい歯磨き法

◯鉛筆持ちで、歯と歯茎の境目に毛先をあてる
◯小刻みに動かす
◯前歯の裏は、歯ブラシのかかとで磨く
◯奥歯の裏は、反対側から歯ブラシを入れて磨く

毛先があたれば、プラークはちゃんと落ちるそうです

でも…
歯ブラシでも届かないところが口の中にはあるので、歯間ブラシを使う、と!

 
歯間ブラシ

◯両隣の歯に沿わせて、2~3回動かす
◯歯ブラシと併用することで、より効果的に!

※使って痛みのないサイズを選ぶ

 
「セルフケアとプロフェッショナルケア
その2つでプラークコントロールをしてほしい」
と、水谷先生

 
スウェーデンのデンタルケアを取り入れているという…

馬見塚デンタルクリニック
東京都中央区明石町8-1 聖路加ガーデン内セントルークスタワー1F

“PMTC”
歯の専門家による、専用の器具を使った歯の掃除

患者自身が磨きにくい所、磨けない所を徹底的に掃除してくれるそうです

歯垢の状態でクリーニングすれば、歯石はつきにくくなる、と…!

 
ちなみに…
時間:1時間ほど
費用:1万円ほど
だそうです…

 
通常の歯医者でも、歯石・歯垢をとる事は可能
保険の範囲内でできる、という事なので…
コッチ、かな… ^_^;
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です