冬にやってはいけない10のコト No.6~10 〈ウラ×ウラ探ッター!〉

スポンサーリンク

2013年12月4日(水)
はなまるマーケット「本日の特集」

ウラのウラまで探る!
『ウラ×ウラ探ッター!』

 
身近にある危険&対処法
やってはいけない10のコト
2013 冬

〈No.6~10〉

 
6)トースターで餅を焼きっぱなしにしてはいけない

オーブントースターの中で、お餅が焼ける…???

焼いていたお餅が膨れ、電熱部分に触れてしまったから、と…!

取扱説明書にも…
「使用中は本体から離れない」
「特にクッキーやかき餅などの燃えやすいものを調理する時は、絶対にそばを離れず、仕上がりを見ながら調理する」と…

でも…
そばに居ても見てない時が多いんだよねぇ~… ^_^;

 
 
7)味噌汁をかき混ぜずに温め直してはいけない

一度作って冷めた味噌汁を温め直すと、30秒ほどで突沸!

味噌が沈殿してる味噌汁を加熱した場合…
下の部分は沸々しているけど、空気が逃げられない状況…!
そこに沸かしている時の衝撃が加わると、下にたまった空気が一気に上がり、その衝撃で味噌汁が飛び散る、と…

味噌汁は、弱火でかき混ぜながら温め直すこと!
(お汁粉も!)

 
 
8)天かすを温かいままゴミ箱に捨ててはいけない

天かすは、熱いままでまとめておくと、余熱によって自然発火…!

天かすの処理は、油をよく切ってあら熱をとる
広げて水をかけておくとイイそうです

※発火の恐れがある天かすの量は、500g以上
だけど、用心するにこしたことはない、と

 
 
9)石灰乾燥剤を生ゴミと一緒に捨ててはいけない

石灰乾燥剤は水分を吸湿すると発熱するので、周りに可燃物があると発火する恐れがあるそうです

石灰乾燥剤の捨て方は…
入ってた袋などに入れて封をする
中身と分けて捨てる所は、くれぐれも水分と触れないように、と…!

 
 
10)静電気を放電せずに給油してはいけない

車の給油口付近で揮発していたガソリンが、静電気によって引火…!

給油する時は…
給油する前に、静電気除去シートを触ること!!

 
静電気が発生しやすい服


羊毛(ウール)
ナイロン

レーヨン
綿

アセテート
ポリエステル
アクリル
塩化ビニル

端の物の方が静電気が発生しやすい素材、と…!

加えて、端同士の組み合わせであれば、いっそう静電気が発生しやすい…!

 
 
お餅と味噌汁は知ってたけど…
天かすと石灰乾燥剤は知らなかった…!

今度、乾燥剤を捨てる時は気をつけなくちゃ!!
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です