「分とく山」野崎洋光さんと「中村孝明ARIAKE」中村孝明さん直伝!新発想の『和風スープ』 ~とくまる~

スポンサーリンク

2/23(木)のはなまるマーケットのはなまるレシピは
和の2大巨匠に教わる
新発想!簡単!絶品!『和風スープ』

寒い時に体を芯から温めてくれるスープ
みそ汁、雑煮、郷土の汁物がありますが…
プロの和食の世界で「椀物」と言われる汁物には、
私たちの知らないアイデアが潜んでいる!?
そこで!
和食の2大巨匠
野崎洋光さんと中村孝明さんに
『だしを使わない!』
『時間をかけない!』
『意外な組み合わせのスープ』
驚きの連続 新発想!和風スープ
を教わります~♪
分とく山 総料理長
野崎洋光さんより
だしいらずの和風スープを教わります♪
白菜すり流し(4人分)
水 500cc 白菜 3枚
塩 少々 薄口しょう油 大1 しらたき 100g コショウ 少々
◯鍋に水とざく切りにした白菜を入れ、弱めの中火にかける
◯白菜が柔らかくなったら、フードプロセッサーで細かくする
細胞が壊れ、閉じ込められていたうま味が水分と一緒に出てくるそうです~
なので、長時間煮る必要なし、と♪
◯細かくしたら鍋に戻し入れ、少しの塩、薄口しょう油で味を整え、具は茹でたしらたきで食感をプラス、そして、コショウをして出来上がり!
カキすり流し(4人分)
カキ 6個(100g) 水 500cc
薄口しょう油 大1 水溶き片栗粉 大2(片栗粉:水=1:1)
絹ごし豆腐 1/2丁 ワカメ 40g
◯洗ったカキを生のまま、フードプロセッサーで細かくする
◯ペースト状になったら鍋に入れ、水を入れて、かき混ぜながら、弱めの中火で加熱する
水から煮ることで、タンパク質が固まる前にうま味がスープに溶け出るそうです
◯薄口しょう油で味をつけ、水溶き片栗粉でトロミをつけ、カキが沈まないようにする
◯具(は、何でもいいそうです)の豆腐とわかめを入れ、温まったら出来上がり
トッピングは、おろしショウガがオススメ、だそうです
白菜すり流しを試食~
「ダシ、使ってないんですか?うわ~、美味い!」と、杉浦太陽さん
みなさん、美味しいそうです~♪
ちなみに、白菜以外でもできるそうです
長ネギ、キャベツ、ブロッコリー、大根、ゴボウ、ニンジン
でも出来るそうです~!
次に、カキのすり流しを試食
「ナニコレ?」
「ワカメとショウガとの相性がイイですね」
「形がないけど、カキがいますね、『飲むカキ』だ」と…
高級な味がするそうです~^m^
カキの他に、チョット食感が残るけど、エビやホタテでもいいそうです
酥(そ)仕立て(4人分)
クリームチーズ 100g 白みそ 100g 水 500cc
シイタケ 4枚 ちくわ 4本 ショウガ絞り汁 小1 大葉 5枚
◯鍋に水、クリームチーズを入れ、火にかけてクリームチーズを溶かす
◯クリームチーズが溶けて沸騰してきたら白みそを溶かし入れ、スープの完成
◯シイタケ、半分に切ったちくわを入れて加熱し、アクセントにショウガの絞り汁を入れ、大葉をちぎって入れたら出来上がり!
古来、日本で作られていた乳製品を「酥(そ)」と言うんだそうです
酥仕立てを試食~
発酵食品同士の相性が良く、美味しいそうです~♪
ちょっと洋風寄り、と、ヤッくん
「鍋にもよさそうなスープ」だそうです~(^-^)
中村孝明 ARIAKE
オーナーシェフ 中村孝明さんより
身近な食材がミラクルマッチ!な和風スープを教わります!
豆乳とお新香のお米スープ(4人分)
ダシ 250cc 調整豆乳 250cc ご飯 35g 鶏もも肉 30g しば漬け 20g 塩 少々 餅 2個
塩 少々
◯鍋に調整豆乳と冷ご飯を入れて火にかける
ご飯を入れると、トロミがつくそうです
◯うま味を出すため、小さめに切って湯通しした鶏肉、ダシを入れる
◯しば漬けを入れて煮る
◯味をみて、塩分が足りなかったら、塩を少し入れる
◯4~5分煮て、ご飯が柔らかくなったらあら熱をとる
◯フードプロセッサーに入れてペースト状にし、鍋に戻して温める
◯器に注ぎ、焼いたお餅を小さくちぎってしょう油にくぐらせて下味をつけ、トッピングしたら出来上がり
ピンク色の豆乳とお新香のお米スープを試食~!
優しい味で、美味しいそうです~♪
おかゆのような、でもスープ、と
しば漬けは程よい感じ、だそうです
しば漬けの他に、たくあんや野沢菜、高菜でもいいそうです
和風カレー汁(4人分)
カレー粉大1 だし360cc ジャガイモ1個 みりん大1 薄口しょう油大1
◯市販のカレー粉を、フライパンで焦がさないように弱火で約2分、乾煎りする
◯炒めたカレー粉を鍋に入れ、ダシ、電子レンジで加熱して潰したジャガイモを入れる
◯みりん、薄口しょう油を入れて味付けをしたら、ネギをトッピングして出来上がり
トマト牛しゃぶ椀(4人分)
ダシ250cc ホールトマト缶100g 赤みそ20g
すき焼きのタレ少々 牛薄切り肉80g
◯鍋にダシ、手で潰したホールトマトを入れて火にかける
◯赤みそを入れて溶いたらスープの完成
◯すき焼きのタレを別の鍋に少し入れ、牛肉に下味をつける
◯下味をつけた牛肉をスープに入れたら出来上がり
トッピングはネギとカラシがオススメ、だそうです
和風カレー汁から試食
ちゃんと「スープ」だそうです ^m^
カレーうどんのダシでもない、と
美味しいそうで~す (^-^)
トマト牛しゃぶ椀を試食!
「名古屋風って感じ」と、杉浦太陽さん
「ボルシチみたい」と、岡江さん
「カンタンに作れてこの味はイイですね~」と、ヤッくん
岡江さん、体が温まったようです~^m^
野崎洋光さんのだしいらずの和風スープ
「白菜すり流し」白菜+水
「カキすり流し」カキ+水
「酥仕立て」クリームチーズ+白みそ+水
中村孝明さんの食材のミラクルマッチな和風スープ
「豆乳とお新香のお米スープ」ご飯+豆乳+しば漬け
「和風カレー汁」カレー粉(乾煎り)+ジャガイモ
「トマト牛しゃぶ椀」トマト缶+赤みそ
とりあえず…
だしいらずのスープから作ってみよう~♪
白菜すり流しなら、すぐ作れる…^m^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
おすすめ記事