“奇跡の村” 長野県川上村の野菜が売れるワケ

スポンサーリンク

2013/08/19(月)
はなまるマーケット「きょうの目玉」より

 
『平均年収2500万円!
奇跡の村のヒミツ』

 
~長野県川上村~

人口 4105人
約8割が農業を営む
農家一戸あたりの平均年収2500万円

 
かつて
信州の中で最も不便、貧しい、荒れた山奥の一つ
と言われていたのが、今では…
平均年収2500万円の “奇跡の村” と言われているそうです!

 
キッカケは “レタス”
 
レタスの収穫期間:6月~9月

夏の昼夜の寒暖差:15℃以上
甘みを増した、濃い味のレタスができるそうです
全国のレタス消費量の約8割が、川上村産!(ピーク時)

他に…
白菜、キャベツなどの高原野菜の栽培に取り組んでいるそうです

川上村の高原野菜の販売金額
約153億円(2011年)

 
「高冷地で自然的に制限があって、他の産業が入らない
もう農業しかない、と
今まで心血を注いできました」
と、川上村村長 藤原さん

農作物に水を注ぐ潅水施設の設置や
農業用の道路の開設など、積極的にインフラ整備を進めてきたそうです

また、農協では…
新鮮な朝採りレタスの鮮度が落ちないように、一度 真空状態にし、冷温を保ちやすくして輸送用のトラックへ…!

そして、その場で詰めない分は、7階建ての冷蔵庫に!
いつでも新鮮な状態で野菜を供給する体制を整えているそうです

国内だけではなく…
レタスを台湾や香港へも輸出しているそうです

 
「収入は結果であって、その前の取り組みというのが、非常に農家も村も農協もしっかりやって
その成果ですよね
2500万円分の苦労と試練と実績が、その中に詰まっているんですよね」
と、藤原村長

 
「年収から人件費、肥料、農薬、資材費
そういうのを引くと半分くらい
そんなにビックリするほど良い生活は皆してないと思うんですけどね」
と、レタス農家の林さん(34)

 
ちなみに…
川上村は、年齢の若い農家さんが多いそうです

林さんは東京の学校に行き、23~24歳くらいで帰ってきたそうです
同級生や友達も戻ってきている、と

 
遠藤さん(33)は、女三人姉妹の長女
前職はグラフィックデザイナーのご主人と一緒に実家に戻ってきたそうです

「農業の経験が全くなかったんで不安もあったんですけど、一大決心して奥さんの実家に来ようと」
と、ご主人

「来てくれて良かったと思うし、少しずつ覚えていって頑張ってもらいたい」
と、遠藤さんのお父さん

 
さらに…
川上村は、都会から嫁いでくるお嫁さんが7割

そんな奥さま達のフォローは…

「若妻会」
花壇の手入れや、季節ごとの様々な行事などを通じて、奥様同士の交流を深める会

都会から来るお嫁さんが孤立しないように、と…

 
 
川上村 婚活イベント
【里コン】

10月25日(金)~27日(日)

イベント内容(詳細は検討中)
◯都内に集合 川上村の参加男性がお迎え、村に移動
◯川上村を堪能
・農業体験
・村の食材を使った料理体験
・夜空の星を見る

 
実際に…
去年は3組ほどのカップルが誕生したそうです~ (*^_^*)
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です