“利き脳” で上手に部屋を片付ける方法!

スポンサーリンク

2/20(水) はなまるマーケット 「きょうの目玉」より

 
右脳派・左脳派で
カンタン “利き脳” 片付け術


 
脳科学と心理学の専門家
京都大学 坂野 登 名誉教授より

 
二つのこころと一つの世界―心理学と脳科学の新たな視角
二つのこころと一つの世界―心理学と脳科学の新たな視角

 
「 “利き手・利き足・効き目” というのがありますよね
脳の場合にも同じように、どちらを使った方が使いやすいか
あるいは、どちらの脳を使った方が得意か、という事で、“利き脳” というのがあるわけです」

 
利き脳を利用した片付けとして話題になってるのが…

〈利き脳片付け術〉
1980年代にアメリカで生まれた “整理のプロ” が使う手法の1つ

 
「自分の利き脳がなんであるか、ということが分かれば、物を片付けたりする時に、うまく使えるかもしれません」と

 
 
〈利き脳の見分け方〉

(社)日本ライフオーガナイザー協会
代表理事 高原真由美さんより

 
利き脳片づけ術: 脳タイプで、お部屋も心も未来もスッキリ!
利き脳片づけ術: 脳タイプで、お部屋も心も未来もスッキリ!

 
◯指を組んで、“下” になる “親指” をチェック
◯腕を組んだ時、“下” にくる “腕” をチェック

A タイプ 指:右 腕:右
B タイプ 指:右 腕:左
C タイプ 指:左 腕:左
D タイプ 指:左 腕:右

指組み:見る・聞くなど、インプット時の利き脳
腕組み:行動するなど、アウトプット時の利き脳

 
タイプ別片付けができない理由

A 右右脳
マニュアル嫌いの感覚派
物に対する思い入れが強く、捨てられない

 
B 右左脳
細かいところまでこだわり過ぎる
何かにつまずくと、やる気がゼロになる

 
C 左左脳
最も従来の片付けに向いている
片付けの優先順位が低く、始めない

 
D 左右脳
頭の中のイメージ通りにできず、キチッとしたいのに細かい作業が苦手

 
利き脳を把握すると、片付け下手な原因が分かる!

 
 
右左脳のはなまる主婦のお宅で実践!

食品のストック類
◯全て出す
◯分類する
1週間以内に使う・1ヶ月以内に使う・1年以内に使う
消費期限切れは処分
ストックが見える、おおまかな収納に

右左脳向きの収納
細かい収納は途中で挫折するため、ざっくり3種類程度で収納する

他に

毎日使う・週に1度使う・月に1度使う
毎日使う・大人用・子供用・お弁当用・あまり使わない

 
 
スタジオで、利き脳タイプ別 片付け術を紹介♪

 
A 右右脳タイプ
原因:なんでも出しっぱなしで、モノが山積み
対策:無意識に片付けが出来る環境を作る

オススメは、“クローゼットブランコ”

 
B 右左脳タイプ
原因:細かいところにこだわり過ぎ、何かにつまずくとやる気がゼロに
対策:細かい分類をせず、ざっくりと目に見える収納

オススメは、“バンカーズボックス”

 
C 左左脳タイプ
原因:片付けの優先順位が低い
対策:細かく分類して、効率的にする
オススメは、細かい仕切りのついたケース

 
D 左右脳タイプ
原因:イメージ通りにできず、細かい作業が苦手
対策:まずは始めることが大事
優先順位は直感で

オススメは、“ジッパー付き保存袋”

 
 
私は…
「左右脳タイプ」だった

イメージ、というか、スッキリはさせたいんだけど…
始まったら最後、いつ終わるのかを考えたら、始められない…

やっぱり…
まずは、“始めること” から、かしらねぇ~… ^_^;
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です